空き家でも管理しておく必要がある|持ち主の義務

男性と女性

期限の利益の喪失通知

グラフ

ローンの残債が減らせる

債権者から期限の利益の喪失という通知が届くと住宅ローンを分割払いすることができなくなりローンの一括返済を求められます。一括返済できないと家は競売にかけられることが決まります。この時にただ競売にかけられるのを待つか、任意売却をするかによってその後の生活が大きく変わります。競売はなるべく早く債権を回収するために行われるので、通常よりも安い価格で家を売り出します。多額の残債が残るので、家を失ったあとも住宅ローンの支払いで苦しむことになります。それに比べると任意売却では通常通りの価格で家を売ることができます。ローンの残債を減らすことができ、支払い方法や回数も考慮してもらえます。しかし債権者に対して任意売却をしたいと申し出ても、受け入れられない場合があります。債権者が承諾しなければ任意売却することはできません。その為債権者との交渉に慣れた任意売却の専門家に間に入ってもらうことが必要になります。任意売却の許可を得る事の他に、売却価格などの話し合いもしてもらえます。また売却後の住宅ローンの返済方法などもこの話し合いで決まるので、なるべく腕の良い専門家に依頼した方が良いでしょう。任意売却が出来るのは競売の入札最終日までで、その間に家の買い手を見つけなければいけません。期間が短いので住宅ローンが支払えなくなったら、任意売却をするかどうかなるべく早く決めた方が良いでしょう。また任意売却をするにあたり自分で費用を負担する必要はありません。仲介手数料や抵当権の抹消費用などは家を売ったお金から出すことになっています。専門家に支払う成功報酬も売却したお金から支払われます。

Copyright © 2017 空き家でも管理しておく必要がある|持ち主の義務 All Rights Reserved.